創立50 周年を迎えて

蒲郡東高校同窓会会長

鈴木 寿明

11月3日の蒲郡東高校創立50周年記念式典まであと1か月に迫ってまいりました。学校、PTA、同窓会の三位一体の実行委員会で議論を重ね、着々と準備を進めています。式典、記念講演会、記念演奏会と1 万6千余名の同窓生と共にこの日をお祝いしたいと思います。

 さて現在創立50周年記念事業として、在校生のため、そしてこれから入学してくる生徒たちのために、50年を経過し老朽化が進んだ学校環境を少しでも整えてあげたいと考えています。そのためには多くの資金が必要であり、この度創立50周年記念募金を展開しています。しかしながら目標金額には程遠い状況であり、このHPの場を借りて更に同窓生の皆様にご理解を賜り、募金のお願いをさせていただきたいと思います。できる限り多くの同窓生のお気持ちが後輩の生徒たちに届きますようお願いするものであります。

 同窓生の皆様におかれましては、記念式典、記念講演会、記念演奏会にぜひお越しいただき、蒲郡東高校の思い出に浸り、同窓生と旧交を温め、これからの蒲郡東高校の新たな半世紀の船出をお祝いしていただきたくご案内いたします。

 同窓生の皆様、何卒よろしくお願いいたします。

創立50 周年記念事業を終えて

50周年記念事業実行委員長

大竹 信行

 蒲郡東高等学校創立50周年記念事業実行委員長の大竹信行です。

 平成29年度を50周年記念イヤ-として、次の事業を実施しました。

①7月6日 クラスマッチ(スポ-ツ大会)への協賛、

 卒業生チ-ム特別参加

②9月13日 文化祭への協賛、模擬店出店

③11月3日 記念式典の挙行、外部講師による

 記念講演会、吹奏楽の卒業生・在校生の混成メンバ-

 による記念演奏会(中井元先生の特別指揮)

④3月15日 クラスマッチ(スポ-ツ大会)への協賛

⑤学内環境整備(体育館前、自転車置き場の

 照明設備設置)、体育館椅子の寄贈

⑥記念誌の発行

 

 これら総てを無事に計画通り遂行出来ました。これも偏に、卒業生の皆様からの寄付金の浄財無くしては成しえなかった事業です。実行委員を代表しまして衷心より感謝申し上げます。

 母校は毎年新入生を迎え、3年間、鍛えに鍛えて人間形成に寄与して社会へ送り出しています。そんな有為な人材をずっと社会に配し続ける母校は、先生方の情熱に支えられて昔と変わらずに大塚の地に存在しております。50年の重みは決して簡単な事ではありません。今後も在校生の為に、母校の為に皆様の暖かいご支援を願って止みません。